動物

【動物占い】好感のもたれる狼(ブラック)の性格や相性を徹底解説!恋愛・仕事・開運術も!【2019年運勢も!】

もくじ

好感のもたれる狼の2019年運勢を徹底解剖!

周囲よりも自分の目標に向かって突き進むと、大きな成果が得られる一年です。周囲の反応を気にせず、自分が信じた道を貫くことで、大きな成果につながっていきます。また、コツコツと努力を積み重ね、現状を把握することも大切です。しかし、自分を過信しすぎると痛い目を見そう。冷静に自分の実力を客観視できる目を持つことも重要になってきます。うまく切り抜けるためには、現在の実力よりも半歩先に目標を設定すると良いでしょう。

好感のもたれる狼の基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

好感のもたれる狼の性格①素朴で飾らない人柄

好感のもたれる狼は、いつも冷静で穏やかな性格をしています。周りの人と穏やかな気持ちでつき合うことができき、優しく接するところがあります。しかし、自分の感情を出すのは苦手です。

繊細な心の持ち主で、積極的になれず受け身で口数が少ないとこがあります。そのため、黙っていて考えを表に出さないことからクールに見えます。客観的に周りのことを見て、適正な判断をすることができます。

好感のもたれる狼は、自分の信念を持っており、人の意見に惑わされません。心に秘めた情熱があり、コツコツと努力をする性格です。仕事においてもしっかりと結果を出します。着飾らず正直でいる性格から、素朴な人柄で周囲の人に安心感を与える存在になります。

好感のもたれる狼の性格②責任感が強く観察眼に優れる

60種類に分けられる進化型動物占いでは『好感をもたれる狼』は人当たりも良く、責任感が強いので他の人から好感を持たれ頼りにされることが多いというのが特徴です。

持っている雰囲気も落ち着いていてクールなので、軽々しい感じが無くみんなが浮かれて騒いでいるような時も、にこにこしながらその場の様子を見守っているという感じです。

穏やかではありますが、物事の良し悪しなどの判断にはきちんとしていて、間違ったことは許せないという正義感が強いというところがあります。

『好感をもたれる狼』に任せておけば大丈夫ということをみんなが感じるのは、その責任感の強さからです。また、観察眼にも優れているのでへたなごまかしなどはすぐに見破ります。

好感のもたれる狼の性格③温和でマイペース

好感のもたれる狼の性格はマイペースです。狼でもいろいろ種類があり、好奇心旺盛的で野生の狼、引っ込み事案のマイペースな狼、特に特徴もない狼など沢山います。好奇心旺盛で野生の狼の場合はがさつで人も食べてしまい怖い存在に当たります。

しかし普通の狼は少し躊躇するところがあり、怖さも少しなくなります。狼は肉食だから温和でマイペースな狼の性格が一番好感をもたれます。狼は怖いだけが狼ではないし、狼でもいろいろ性格があります。

これを人間に例えたときに、怖い人だと好奇心旺盛的で野生の狼に当てはまり、大勢の人は特徴のない狼、個性的だけれどどこか優しいところがある人を温和でマイペースな狼と当てはめることが出来ます。

好感のもたれる狼の性格④ルールを守る常識人

好感のもたれる狼は間違ったことをせず、世の中のルールにしっかりと従うことが出来るので、常識人として周りから評価されています。悪いことは絶対に許さない正義感も持っているので、相手から信頼されているのです。

また、リスク回避型の性格でもあり、失敗する可能性の高いことには関わらない一面もあります。冒険心に欠けていることも否めず、物静かな印象を持たれやすいと言えます。慎重に考えすぎるあまり、大きな成功や名声を得ることは少ないでしょう。

話し合いのとりまとめ役として、好感のもたれる狼はとても有能なタイプです。様々な意見の調整をして、ルールを守りながら正しい方向へのかじ取り役をしっかりと努めることが出来るのです。

好感のもたれる狼の性格⑤繊細な一面があり傷つきやすい

好感のもたれる狼は、繊細な一面があり傷つきやすい性格を持っている方が多いようです。基本的にはいつも落ち着いていて周りをよく見ています。

しかし、客観的に物事を見ることができるゆえに、些細なことでも敏感に感じ取ってしまい傷つきやすい一面があるようです。

マイペースな反面、実は周りのことを冷静に観察して判断することができるので周囲から好感をもたれるのですが、やや神経質な部分も持ち合わせています。

好感のもたれる狼は人に優しくできるぶん、気弱で受け身な部分があるため職場などで人間関係を構築していくことが苦手なタイプが多いようです。

ただ、いざとなれば周りが驚くような力を発揮できる人が多く、同時に二つ以上のことをこなす才能もあるので自分の信念を貫くことが大切です。

好感のもたれる狼の性格⑥自分の事で結構いっぱいいっぱい

周りに気を配るのが苦手で、自分のことで手一杯になりがちなのが好感のもたれる狼の短所です。それでも好感が持たれるのは、憎めない可愛さを秘めているからであると言えます。放っておけない魅力があり、一生懸命生きている雰囲気に好印象を抱けるのです。

努力をしても報われず、ネガティブな気持ちになりがちな好感のもたれる狼ですが、時には思いもよらない成果を挙げることもあります。予想外の行動をすることに周りの人々も驚きを隠せません。

本質的にポテンシャルが高く、その力を持て余しているところがあり、期待値は自ずと高まっていきます。自分のことを中心に考えるのは仕方がないこととして、理解が深まっている稀有な存在なのです。

好感のもたれる狼の性格⑦身だしなみが完璧はスキが無い

好感のもたれる狼は、身だしなみが完璧でスキが無いと思われている方が多いようです。基本的にはとても器用で芸術的なセンスにも恵まれているため、ファッションセンスが優れており、身だしなみも完璧です。

自分だけでなんでも器用にこなすことができ、また自分の理想としている姿を明確にイメージできている人なので、その理想の姿に自分を近づけることが得意です。

好感のもたれる狼は、努力家でもあるためそういったことにコツコツ取り組むことが苦ではないことが多いようです。しかしその反面、完璧すぎるその姿が周囲にはとてもクールでスキが無い印象を与えることもあります。

好感のもたれる狼は、周りの人から近づきにくいという印象を持たれることも少なくないようです。

好感のもたれる狼の性格⑧要領よく立ち回るのは苦手

間違ったことが嫌いで、疑問に思ったことは納得いくまで知ろうとする好感のもたれる狼は、要領よく世渡りしていくことが苦手です。幅広く人脈を作っていくことは得意であるものの、悪だくみをしている相手には敵意をむき出しにしてしまうでしょう。

曲がったことが嫌いな一本気の性格を持つ好感のもたれる狼は、賛同者を多く集める一方で、あまり快く思わない人も出てきます。全員と協調しようと表向きの対応を続けていくと、インフォーマルなシーンで裏切られやすくなります。

八方美人な面が強調されやすいのも玉に瑕と言えます。大多数の仲間と、少数の反対派という構図を作っていく傾向にあるので、人間関係においては常にリスクが付きまといます。

好感のもたれる狼の性格⑨周囲に対して割と無頓着

好感のもたれる狼は、周囲に対して割と無頓着な性格を持っていることが多いようです。男女問わず、基本的にはマイペースな性格の持ち主なので、周りの人々や環境などに対しては案外無頓着だったりもします。

好感のもたれる狼にとっては、会社の中での上下関係や社会の中での利害関係などはあまり重要ではない場合が多いようです。好感のもたれる狼が持っているゴーイング・マイ・ウェイで、自我が強い気質は周りの人にはクールで芯が強い印象を与えています。

そのため、たくさんの人から羨望の眼差しが向けられることも少なくないようです。また、好感のもたれる狼の他人に媚びない振る舞いは、上司や重役などの目上の人から一目置かれている場合もあります。

好感のもたれる狼の性格⑩仲間思いで愛情深い

仲間と良好な関係を構築して、楽しく物事を進めていこうとするのが好感のもたれる狼の特長的な性格の一面です。周囲の小さな変化を見逃さず、常に心配をしています。困っている仲間がいればすぐに駆けつけて必要なサポートをしてくれるでしょう。

気を使いすぎて精神的な疲れがたまっていくタイプでもあるため、逆に仲間から気遣われてしまうことも多々あります。自分とはタイプの異なる相手にたいしても、分け隔てなく愛情を注ぐことのできる好感のもたれる狼は、敵対心を持たれることが少ないです。

皆から慕われて、フレンドリーな関係を作り上げる能力に長けています。幅広い交友関係の中で、好感のもたれる狼は心穏やかな日々を送りたいと願っています。

恋愛運や特徴は受け身で誠実。どちらかというと恋愛は二の次

好感のもたれる狼の恋愛は、受け身です。積極的ではないものの、自分のことを理解してくれる人に惹かれます。自己中心的なところがあるので、恋愛に発展しても干渉されるのが苦手です。

べったりとした付き合いではなく、一定の距離を保ちながらお互いを尊重し合う仲でいるのが理想です。恋愛に夢見ている、恋愛がしたいという気持ちよりも、恋愛は二の次で自分の生活を大切にします。

恋愛対象には、容姿は関係ありません。一緒にいて落ち着く関係でいる異性を求めています。そばにいてリラックスできることを望み、相手に対して誠実に付き合います。真面目な性格から、浮気の心配はありません。

好感のもたれる狼は、お互いに辛いときには、黙って寄り添える包容力があります。

仕事運や特徴は決まりや常識を大切に自らを高めていく

好感のもたれる狼の仕事運は、決まりや常識を大切に自らを高めていくことで開けてくるようです。好感のもたれる狼は、基本的に常にマイペースです。

そのため、職場内での上下関係や利害関係などはあまり気にしないことが多く、その周囲の人に媚びすぎない芯の強さが上司や部下から一目置かれている存在でもあります。

しかしその一方で、そういった常識にとらわれないゴーイング・マイ・ウェイな好感のもたれる狼の気質が、周囲にはクールすぎて近づきがたい印象を与えている場合もあります。

好感のもたれる狼が仕事運をアップさせるには、たまには決まりや常識に敬意を払い、自らの視野を広げてワンランク上の価値観を身につけることが大切になってきます。

好感のもたれる狼の開運ポイントは人に頼ることを学んでいく

動物占いで好感のもたれる狼タイプのあなたは、人に頼ることが開運ポイントです。好感のもたれる狼タイプは、どちらかというと人を頼るよりも自分で全てをこなす方が得意です。

人に頼ると自分の思い通りにならないことが多いので、それなら自分でこなした方が楽だと考えてしまいがちです。しかし、1人ではどうしても難しい困難事例に当たった際は、迷わず人に頼ってみてください。

あなたのアイデアだけでは解決できなかったことが難なくできるようになるので、プラスの知識が得られます。また、人に頼ることによってあなたの運気も上がります。

まさに、他人が運気を連れて来てくれた状態になるので、どんなことでも自分一人で背負わずにひとにたよってみてください。

好感のもたれる狼の相性を徹底解説!状況別の良い・悪い動物とは?

恋愛上で相性が良いのは夢とロマンのコアラや落ち着きのない猿

好感のもたれる狼のよき理解者となってくれるのは、恋愛上で相性が良いのは夢とロマンのコアラや落ち着きのない猿であると言えます。困難に立ち向かう強さ、寛容で許せる心を持ちあわせていることに安心感が抱けます。多少落ち着かない部分は見られますが、好感のもたれる狼のフリーダムに性質とバランスがとれて、ストレスを溜めない関係性がキープ出来ます。喧嘩をしても、すぐに仲直りして絆を強めていくことができるでしょう。

仕事上で相性が良いのは活動的なコアラや気分屋の猿

好感のもたれる狼にとって特に仕事上で相性が良いのは、活動的なコアラや気分屋の猿であると言えます。将来に繋がる様々なアプローチを続ける中で、精神的なサポートをしてくれるタイプでもあるので、安心感が醸成されやすいのです。多少の無理を言っても、素直に聞き入れてくれることが多いので信頼できるのです。気分屋なところもありますが、好感のもたれる狼のよき理解者として、長い間心を寄せてくれる存在になっていくでしょう。

人間関係で相性が良いのは我が道を行くライオンや落ち着きのあるペガサス

好感のもたれる狼にとって、人間関係で特に相性が良いと言えるのは我が道を行くライオンや落ち着きのあるペガサスであると言えます。どんなことでも自然と受け入れる器量の大きさが好感のもたれる狼の特徴でもあるので、相手の立ち振る舞いに好感を持ちやすいのです。トラブルなどは生じにくい関係で、互いに丁度よい距離感をキープしながら関わっていけるのもメリットです。第三者的な目線を持ちつつ、穏やかな交流を続けられるタイプであることも相性の良さに繋がっています。