花言葉

キンモクセイの花言葉や由来|色別(茶色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

キンモクセイの花の特徴や名前の由来

キンモクセイは漢字で「金木犀」と書き、「犀」は動物のサイを意味します。「サイの足のような樹皮を持つ金色の花を咲かせる木」という意味で「キンモクセイ」と名付けられたと言われています。中国南部原産で、秋にオレンジ色の小さな花を多数咲かせ、強い芳香を周囲に放つことから、庭木や街路樹として親しまれています。

キンモクセイの花言葉の意味とその由来とは?

≪キンモクセイの花言葉≫謙虚

秋に道を歩いていて、キンモクセイの香りに気が付くことがあります。秋が来たんだな~っと思う瞬間ですが、キンモクセイの木があたりに見当たらないこともありますよね。そのすばらしい香りのわりに、オレンジ色の小さな可愛らしい花をつけるキンモクセイ。そこから「謙虚」という花言葉がつけられました。

≪キンモクセイの花言葉≫気高い人

キンモクセイの花言葉は、気高い人になります。キンモクセイの甘い香りは独特なにおいを放っています。ストレス解消の効果があるため、香水やアロマとしても人気です。甘い匂いがすると、花の存在に気が付くぐらい強い香りが特徴です。この香りから、上品さや高貴な印象を受けるため、気高い人のイメージを感じます。

≪キンモクセイの花言葉≫成功

「成功」という花言葉を持つキンモクセイ(金木犀)の花はオレンジ色の小さな花が沢山集まって咲いています。キンモクセイには心を落ち着かせる効果があるため何かにチャレンジしている人にピッタリです。アロマの世界でもイライラ感をやわらげてくれると人気があります。

≪キンモクセイの花言葉≫富貴

キンモクセイは一週間程度で花が散ってしまいますが、その期間、人の記憶に残るような鮮やかな色の花、甘い香りを漂わせます。その姿がまさしく「富貴」という花言葉にぴったりです。また、その昔中国では高貴な女性のみがこの花の匂いを香水のように纏わしていたという説があることも相まっているのかもしれません。

≪キンモクセイの怖い花言葉≫早い結末

キンモクセイの花言葉は「早い結末」です。秋になるとうっとりとする香りを辺りに振りまくキンモクセイ。「早い結末」とはなんとも寂し気な花言葉ですね。実はキンモクセイの花は数日でぽろぽろと落花してしまいます。あまり花持ちがよくないことから淡泊な花言葉が連想されました。の花言葉や由来|色別(茶色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

合わせて読みたい