動物占い

【動物占い】ゾウの性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2019年版】

動物占いゾウの性格?コツコツ努力型

結論から言います。ゾウは本当にコツコツ努力型です。

まず計画を立て、どう動いたら1番良いのか、なるべく現状で1番良いプランを計画します。

併せてここにゾウタイプの特徴でもある完璧主義も混ざっているので、その計画は現状でベストに近うものに仕上げています。そしてそのプランをコツコツとクリアしていきます。

しかしゾウ本人は努力しているつもりはあまりありません。現状の自分でも容易に出来る計画にしているので出来て当たり前感覚でいます。

なのでちょっとしたニュアンスの違いかもしれませんが、ゾウ本人からするとコツコツ努力しているという感覚よりもコツコツクリアしているコツコツ消化しているという感覚です。しかも、決めたことはなかなか曲げません。

また他人の意見も聞きません。だって自分で作った計画が、自分にとっての完璧な計画なんですから。

動物占いゾウの性格?優しく繊細

のんびりした動きや、大きな体からゾウはおっとりした動物というイメージが強いですが、実際のところはとても繊細で、気がつく心を持つ動物です。

動物占いで、ゾウさんタイプと診断された方にも同様のことが言える傾向にあります。

優しくて細かいところに気がつく繊細さもあり、だからこそあまり強烈に自己を主張しにくかったり、逆に居心地が良いと周りから信頼されたりもしますね。

また、繊細であると同時に組織の中に入って何かをすることを苦にしない性格でもあり、そのあたりが一匹狼タイプとは大きく違うところだとも言えるでしょう。

ただ、大人しいが故に辛さや苦しさを表に出せないといった部分も含んでいるので、特に周りにいる人は、ゾウさんタイプの人の内面まで汲み取っていく必要がある場合もあります。

動物占いゾウの性格?根回し上手で協調性に優れる

のんびりコツコツ、そしていつもニコニコといった雰囲気が強いのがゾウさんタイプですが、人の下について指示を待つだけでなく、グループの中で上位の役割も、非常に良く果たせるという特徴があります。

怠けることがないし頭が良いので、人との折衝、それも表に立つのではなく根回しをするのにも非常に向くところがありますし、根が優しいタイプですので、内緒話をしていても嫌味な感じにはならず、不和の原因にもなりにくい長所がありますね。

また、自分のポジションに関係なく協調性を発揮できる部分もありますので、滅多なことがない限り指示に背くようなこともなく、実務的な意味に限らず集団に力を与えてくれるポテンシャルを持っているとも言えるでしょう。

動物占いのゾウの性格?切れると怖い

普段温和なゾウでも切れると何故怖いかというと体が大きく体重があり、何でも壊す能力があるからです。普段温和なゾウの場合のんびりしていて優しい印象があり、人と接しやすい印象もあります。

しかし突然切れてしまうことで温和な優しいゾウも怖いゾウに代わり近づきたくありません。

温和な優しいゾウは人間で言えば普段優しい性格や普通の性格、のんびりしているゾウは普段人間がのんびりしている性格、切れる性格は本心ではとても切れやすく感情が激しい性格となり、この中で一番嫌われる性格というのは感情が激しく切れやすい性格の持ち主となります。

動物占いに当てはめて考えると、切れやすい人間の持ち主はゾウが切れると怖いという性格と同じように当てはめて考えることが出来ます。

動物占いゾウの性格?陰のリーダー的存在

ゾウの性格の中で仕事に対して完璧主義というワードはよく出てきます。そんな完璧主義なゾウが、例えばチームに招集されたらどうなるでしょうか。ゾウタイプはこう思います。

『せっかくチームに入れてもらったんだ。このチームでもしっかり動いていくぞ。』そのチームで、例えば何か提出期限があるとします。

本来であればチームのリーダーがメンバーに周知するのですが、ゾウはいつまでに動かなければいけないのかを計算しそれよりも前に動きたいと思います。

『はやめに動いた方がいいと思います。』そんな発言をチームにしていくことになります。するとどうでしょう。だんだんとまわりがゾウタイプの指示に従うように動きます。

しかしゾウタイプの特徴でもある根回り上手がある為、リーダーを重んじることも決して忘れてません。うまくリーダーものせて動かします。

こうしてゾウタイプは””陰のリーダー的存在””になっていくのです。

動物占いゾウの性格?職人気質

大きいために、天敵に襲われることが少なく、非常に組織的に行動をすることもできるゾウですが、その体の大きさに似合わず、非常に繊細で丁寧な作業をすることでも知られています。

足を器用に使って薬草を取ったり、器用に鼻を使って子供を助けてあげたりと、非常に高度な動きをしますが、ゾウさんタイプの性格の持ち主にも、そうした細かな仕事が好きな一面は多く見ることができます。

視野が狭くなったり不機嫌になるタイプではないのですが、一つのことに集中できる局面になると、意外なほどの実力を発揮し、しかも他人を遠ざけないという美点があります。

コツコツとした終了するのがきついような作業であっても、ゾウさん型タイプの人が身近にいれば、終了への道筋も立つかも知れません。

動物占いゾウの性格?面倒見が抜群にいい

おっとりと見えて実は繊細なゾウさんタイプの人ですが、自分の仕事の領分をよく理解して取り組めるだけでなく、視野が広いため、困っている仲間がいないかどうかを良く見ることができるという特徴を持っています。

また、気質が優しいという部分もあるので、悩んでいる人の話を良く聞き、その優れた頭脳で対処法を見出していくということも得意です。

つまり、ゾウさんタイプの人は面倒見が非常に良いということになります。

しかもただのおせっかい焼きではなく、きちんと解決まで持っていってくれるだけの能力と判断力を持ち合わせていますので、組織としても、実行者だけではなく、周りの問題解決のアシストを期待したい人物だと言うことができるでしょう。

動物占いゾウの性格?堂々としていてオーラがある

性格的にどっしりとしていて、しかも周りに目を配れる能力のあるゾウさん型の方は、周りから頼りにされるタイプですし、また同時に周りを頼りにできる器量を持ち合わせています。

そのため堂々とした態度を自然と取ることができ、そうした点が貫禄につながっていくという強みもあります。

そうなると、スパスパと機敏でないといった部分も、かえって周囲を落ち着けるという長所に転化していき、結果、いわゆるオーラがある雰囲気に至ることができます。

ああしろこうしろと言わなくても、周りの士気を上げ、能力を引き出すことができるタイプとも言えます。

実務者としてのゾウさんタイプは捨てがたいものがありますが、リーダーとしても非常に有用ではないかと思います。

動物占いゾウの性格?細かい計算は苦手

頭が良く視野が広く、そして人に対する気配りもあると、まさにリーダーにも実務者にも向く感じのゾウさんタイプの方ですが、苦手な分野があるのも事実です。

それは、人のアラを探したり、物事の細かなミスを詰めたりする作業です。

繊細さが足りないのではなく、むしろデリケートだからこそ、精密な計算を延々と続けていくような役割や仕事を任せる形になってしまうと、精神的に消耗し切ってしまうのです。

優しくデリケートだからこそ、計算や人の心の正しさと疑うと言うか、ミスを突くような業務が苦手だとなっていくわけですね。

同じ職人タイプでも、もっと一匹狼に近いタイプに、計算などの作業は任せておいた方がベターかも知れません。嫌とは言えないゾウさんタイプだからこそ、周りが気遣っていく必要があるのです。

動物占いゾウの性格?待たされるのが嫌い

どっしりと構えてニコニコと雰囲気が良く、能力も高いのでサークル活動や仕事の場でも重宝されるゾウさんタイプですが、概ね待たされることが非常に苦手という共通点を持っていたりします。

ゾウさんタイプの器が小さいというわけではなく、むしろ人の内面や仕事ぶりを信じたいからこそ、時間や納期などの部分を重視していくのですが、自分を律するだけではなく、相手にも知らず知らずのうちにその考え方を求めてしまうようになってしまうんですね。

とりわけ仕事などの場では、時間厳守などの部分が絶対的な「ルール」として成り立っているからこそ、ついつい苛立ってしまう自分をどこかで正当化してしまったりもします。

態度に表れることは少ないですが、ゾウさんタイプの人と付き合うのであれば、くれぐれも時間厳守を肝に銘じておくべきでしょう。

恋愛運や特徴は押しの一手でつかみ取る

ゾウの恋愛は、まさに押しの一手です。

小細工が苦手で、こうと決めたらまっしぐらに突き進む性格で、何事にも正攻法で正面から攻めてくるので、好きな人ができたら、他人の忠告などには全く聞き耳を持たず、押して押してをひたすら繰り返します。

融通性に乏しく、自分本位になりすぎることもありますが、それもゾウの特徴です。いかし、真正面から体当たりだけ…というわけではありません。

実はゾウは根回しも得意なので、裏では綿密に計算をして、いろいろなところに手をまわしている場合もあるかもしれません。そんなゾウは、一度親しくなると深い愛情で包んでくれます。

ゾウは、元来温厚で愛情深い動物で、面倒を見ることも大好きなので、頼りがいもある素敵なパートナーとなるでしょう。

仕事運や特徴は努力と根性を活かせると吉

真面目で優しく、しかしどっしりしたタイプで、どちらかと言えば口下手なところがあるのがゾウさんタイプです。

幹部やリーダーに推挙されても良い仕事をしますが、なかなか目立つタイプでもないので、周りからの評価が上がらず、出世をするどころかストレスを溜め込み続けるハメになるといった事態も十分に考えられます。

ゾウさんタイプの方が仕事運を引き寄せて道を開くには、華やかさはなくても、やればやっただけ給料が上がったり人事的な意味での評価が上がったりするタイプの職場やセクションに入ることが重要になってくると思われます。

また、不言実行を旨とするような職場では、ゾウさんタイプの貫禄やオーラに関する説得力も、極めて高まる傾向にもあるので、上役に推挙されても、そこでも成功できる可能性が高まります。

人間関係の特徴は口下手だが仲間思い

仕事においては、どのポジションでも有能で、誠実に取り組んでくれるゾウさんタイプの方ですが、仕事などを離れたところでの人間関係でも、その優しくて誠実な性格は、いかんなく発揮されることになります。

ただ、基本的には受け身であり、さらには口下手でもありますので、話題を振ってあげないと何十分も黙ったまま、ということもあるようなタイプだということは、理解しておく必要があります。

しかし、蛋白なわけではなく、むしろとても友達思いで人情味に厚いので、何か困ったことがあったら、真剣に相談すべきタイプとも言うことができるでしょう。

恐らくは、多くの友達よりもさらに真摯に話を聞いてくれるはずです。判断力にも優れているので、良い解決策が見つかるかも知れません。

ゾウと他の動物の相性

ゾウと子守熊(コアラ)の相性

ゾウとコアラは堅実に1歩ずつ関係を進める相性です。
ゾウは、相手をよく知るまでは懐深く踏み込むことはしない性格。コアラも人付き合いは疑り深い面があります。深い仲になるまでのステップを、慎重に進めようとする2人です。

一方で、ゾウは特別な関係になると相手を束縛したくなり、コアラは一度関係が落ち着くと、奔放さが顔を出し始めます。よく話し合って、お互いの距離感を尊重できれば長続きするでしょう。

ゾウと狼(オオカミ)の相性

ゾウとオオカミは、お互いに尊重し合える関係。
ゾウは気軽に異性と接触せず、相手のことをよく知るまで踏み込みません。オオカミは一途で、恋愛をするなら結婚も考えます。お互いに誠実な相手が好みです。

オオカミは一匹狼という言葉のように、一人の時間を大切にします。ゾウは特別な関係になると相手を束縛しがちですが、協調性も持ち合わせます。
お互いの距離感を大切にすることを心掛ければ、良い関係を続けられるでしょう。

ゾウと虎(トラ)の相性

ゾウとトラの二人は切磋琢磨し合える相性。
どちらもプライドが高く、一緒にいることでお互いが良きライバルとなります。
また、金銭感覚についてもきちんと節約し、大きな買い物には本当に必要かとことん見極める二人です。価値観が一致するため、一緒にいて心地よさも感じられるでしょう。

ただ、どちらも時折言動がきつくなることが玉にキズ。売り言葉に買い言葉で喧嘩にならないよう要注意です。

ゾウと黒ひょうの相性

ゾウと黒ひょうは、お互いを褒め合える仲睦まじい関係。
黒ひょうはいつでもかっこいい自分でいたい自信家。そんな黒ひょうを、協調性のあるゾウは包容力をもって支えます。

また、お付き合いを始めたらいつまでも初々しい恋人気分でいたいタイプの黒ひょう。特別な関係になるほど相手を独り占めしたくなるゾウとはぴったりの相性です。お互いを褒め合い、周りもうらやむような仲の良い二人になるでしょう。

ゾウと猿の相性

ゾウと猿は、仕事面では揉めやすい相性ですが、恋愛面では良い関係を築ける相性です。
せっかちで早合点の多い猿。職人気質で少し心配性なゾウは、そんな猿を見ているといら立ってしまうことも。猿は攻撃されるとムキになってしまうので、ゾウの包容力でうまくおだててあげましょう。
恋愛面では、猿は相手の気持ちを素早く察し、気遣ってくれます。引っ込み思案で臆病な面のあるゾウには居心地の良い相手でしょう。

ゾウとペガサスの相性

ゾウとペガサスは、感情でも行動でも、素直になれないと難しい関係。
ペガサスは根本的に、何にも執着しない自由人です。対してゾウは、職人気質で一つのことをやり遂げたいタイプ。自由すぎるペガサスに、「どうしてもっとちゃんとできないの」といら立つことも。

また、束縛を嫌うペガサスと、特別な相手は束縛したくなるゾウ。お互い素直に話し合って、程よい距離感を見つけることが良い関係を築くことに繋がります。

ゾウとひつじの相性

ゾウとひつじは、有言実行で義理堅いもの同士。和の心あふれる関係になります。
協調性を持ち職人気質なゾウと、気配り上手で頑固なくらい義理堅いひつじ。
二人でいればまず揉めることはないでしょう。

ただ、ひつじは本当の自分を出すのが苦手。人の話をきくのが苦手な面のあるゾウですが、きちんと耳を傾けて、ひつじの心からの言葉を引き出してあげましょう。安らぎを得られる相手と分かれば、ひつじは心を開いてくれます。

ゾウとチーターの相性

ゾウとチーターは、お互いにないものに惹かれあう関係です。
チーターはいつでもチャレンジャーであり、超ポジティブ思考です。でんと構えているように見えて実は繊細で臆病なゾウは、そんなチーターに憧れを抱くでしょう。
またチーターも、一つのことに対して一途に努力しやり遂げるゾウに、尊敬の念を抱くはず。
結婚となると、相手を支えたいゾウと、打たれ弱く癒しを求めるチーターなので相性ぴったりの夫婦になります。

ゾウとたぬきの相性

ゾウとたぬきの相性は、尊敬できる点を褒め合えると良いものになります。
たぬきは、自分を信頼し尊敬してくれる人に惹かれます。ゾウはプライドが高く、リーダー願望が強いです。
お互いがお互いを信頼し、尊敬できるところを見つけながら過ごすことで、とても良い相性となります。
また、お互い負けず嫌いなので、良いライバルとなることも期待できます。
相手の良いところを見つけながら切磋琢磨し合えるのが、理想の関係です。

ゾウとゾウの相性

ゾウ同士の相性は、誠実な関係を築くのに最適な関係です。
ゾウは人に媚びることなく、ひとつの物事をやり遂げます。お互いに、信頼できる人物だと感じるでしょう。
また、いつでも何かに打ち込んでいたいタイプなので、お互いの趣味などにも理解があります。
恋愛面では、束縛したいけど束縛されたくない。似たもの同士が故にすれ違ってしまうことも。不満は勢いに任せて言ってしまうのではなく、理性をもって冷静に話し合って。

ゾウとこじかの相性

ゾウとこじかの二人は、ゾウがこじかに褒めてもらうことで関係が改善されます。
プライドが高く、スタンドプレーや問題発言をしてしまうこともあるゾウ。普段褒められることは少ないかも。こじかに褒めてもらうことで、心を開きやすくなります。
また、こじかは仲良くなると少しわがままに。でもそれは愛情を確かめるための手段かもしれません。広い心で受け止めて、連絡などもまめにしてあげることで、良い関係を築けます。

ゾウとライオンの相性

ゾウとライオンは、しっかり者同士で、地に足の着いた関係を築けます。
自分の信念をもち努力家のゾウと、実行力・統率力を持ち信頼されるライオンは、浮つくことなく落ち着いた関係を築きます。
また、職人気質のゾウは、自分の進む道で一流を目指すライオンに共感できるでしょう。
ライオンが甘えてきたら心を許している証拠。普段のリーダー然とした雰囲気とのギャップにびっくりするかもしれませんが、優しく受け止めてあげて。

開運ポイントは努力から離れた精神世界を知ること

ゾウさんタイプの方は、とにかく努力や根性、あるいは真面目でコツコツといった性格が持ち味であり、実際に仕事や学業で、それらの特性をフルに活かせるだけの聡明さを持ち合わせています。

そのため、大抵のことは努力で何とかしてきた経験から、あらゆることを「自力」でやろうとしてしまう傾向にあります。

しかし現実は、どんなに努力しても叶わないことは少なくなく、そこで折り合いをつけたり自分を褒めてあげたりすることで、次に進むための力や運を養うといった時間も必要になってきます。

精進したから何かができるようになる、という法則とはまた違う精神的な世界に興味を持ってみると、ピリピリしたところもなくなり、自ずと道は開けていくかも知れません。

知り合いがゾウだった時の付き合い方は?

知り合いの方が動物占いの結果、ゾウさんタイプだった場合は、仕事上でもプライベートでも非常に頼りになるタイプだと言えるでしょう。

ただ、優しい反面繊細で、器が大きい割に小さなところで神経を使ってしまうタイプの性格の持ち主ですので、「誠実」であることには特に気をつけておくべきだとも言えます。

具体的には、待ち合わせの時間を守る、ドタキャンをしないといった「基本」を守り、あからさあまに軽んじるような態度を取らなければ、ゾウさんタイプの方は友情を感じ、応じてくれるのではと思います。

また、口下手なのもゾウさんタイプの特徴ですので、無理して場を盛り上げようとするより、たとえ会話が少なくても、互いに雰囲気を楽しめるような場を作っていった方が喜ばれるのではないかと思いますね。

ゾウの2019年運勢を紹介!

ゾウの2019年の運勢は、周りとの人間関係が良くなる一年になります。周囲と良好な関係を築けるようになり、信頼関係も生まれます。自分自身にとって頼りになる仲間がたくさんできる年になるため、良い一年を送ることができるでしょう。
溢れんばかりの行動力が生まれる年でもあり、仲間と共に力を合わせれば、様々な困難や問題を打ち破ることができます。ただ一つ気をつけなければいけないのが、自身をコントロールするということです。自分を律することができなければ、せっかくの信頼もパーになってしまうかもしれません。